PRODUCE

keiya自ら率いる音楽制作チームとライバー事務所所属のタレント、作家達とともに、次代の先導を目指す。